BABYMETAL試論 小中千昭氏

Pocket

babymetalshiron

babymetalshiron

さて、BABYMETALを検索している人がまず間違いなくブチ当たるブログがあります。

それが、「BABYMETAL試論」。

いや、100%遭遇するでしょうw

私は、このブログの大ファンというかチェックせずにはいられません。

小中千昭さんの深い考察、情報提供とBABYMETALへの愛情が

ひしひしと感じられ、その文章に思わず引き込まれてしまいます。

冷静に見える語り口調とは裏腹に、その激しい「思い」が

「そうそう!!」、「へー!そうなんだ!!」と私の思考を

常に「!!!」にしてくれますw

特に「プログラム批評」は「ゼッタイ!」に見ておくべきだ。

(賛否は抜きよ^^)

とにかく深い。

一通りBABYMETALの作品を見たり聴いたのなら、

この試論をみるとあの場面、あの歌詞、あの演奏・・・

間違いなく、もう一度見たくなります。

宝さがしではありませんが、「ヘドバン」や「BABYMETAL試論」、

その他いろんなまとめサイトの情報を見ていると飽きません。

ググってもググっても飽きない!

未だかつて、これほどGoogle検索にお世話になっただろうか・・・

ただ、どこかでみかけましたが、これだけインターネットメディアで注目されながらも、

彼女たちの詳細な情報、そして個人発信の情報が異常に少ない。

肝心な部分については、「ひ・み・つ」なんですよね。

この部分のみが、新旧BABYMETALファンの共通なのかな?と思っています。

私が最初にBABYMETALに遭遇してはや2年が経ちますが、

「まだ間に合う!」

そう思えるんです。

だからこそ、40代、50代、はたまた60代のコアなメタラーの方も

取り込めたのではないかと・・・

情報収集速度・能力は各年代、各個人によって違いますが、

溢れかえった情報に「おいてけぼり」感を味わうと

その対象に対して興味が薄れてしまう・・・

結成は2010年、生粋のファンの方からすれば、

私なんかはホントに「にわかファン」。

しかし5年経った今、世に出ているアルバムはただ1枚のみ!

アイドル量産時代にこの遅すぎる楽曲提供が、問題視されながらも

ジワジワとファンを獲得する要因の一つなのでしょう。

そして、チームBABYMETALとして世界を相手に次々と伝説を

残していくことがファンにはたまりません。

この快進撃がいつまでも続いてほしいと!

ただ、「はじまり」があれば、「おわり」があります。

これは、世の常なのかなと・・・

彼女たちが、メタルの世界、いや音楽シーンにおいて、

歴史に名前を残すことは間違いないでしょう。

その中で、「BABYMETAL試論」に出会えたことは、

私にとっての幸福を感じる瞬間でした^^

これからも楽しみにしています!

見たことがない?!

今すぐ訪問してください!!

BABYMETAL試論

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. engine-metal より:

    「babymetal試論」大変な事になってます。たった一人の書込みで
    私達の心のオアシスが失われようとしています。
    t

    • kiichi より:

      >engine-metalさん

      そうですよね。
      私もビックリしました。

      こんなにもワクワクさせてくれるブログで
      起こるとは全くの想定外です。

      熱く語ったり、反論は歓迎と小中氏もおっしゃっていますが
      ちょっとコメント荒れ気味なのが気がかりです・・・

      みなさんの「大人」な対応を願うしかないですね(´・ω・`)