Seven セブン 映画 評価星4つ

Pocket

さて、Amazon Primeビデオの今回は「セブン(seven)」です。

評価 星4つ

ネタバレ注意

即ネタバレの可能性がありますので、ご注意ください。

過去に何度か見たんですが、ラストのやり取りを忘れていたので、

再度観ました。

近所のTSUTAYAで見かけると、いつも貸し出し中なので、

なんだかわかりませんが無性に見たくなってしまうんです。

で、プライムで探したら普通にあるじゃないですかw

「今すぐ観る」ボタンをポチっとなー!

後味の悪い映画としての代表とも言える作品ですが、

今回観て、やっぱり「後味悪いわ」と感じました。

ラストに至るまでにさんざん、グロい現場を見せておきながら、

ここにきて「頭部」と思わしき映像はない。(ソコ?w)

わざわざセリフで「血が・・・」みたいな。

「観客の想像にお任せします!」的な・・・

その前に犬の死骸とか見せるし・・・

現場にいた3人のやり取りのなかで、

いかにも「頭部」が入っていますのような・・・

個人的には、誰の「頭」と判別できなくても、

1フレームのみでも一瞬でも映像があるといいと思ったんですが、

そうしないにはそうしない意図があるんでしょう。

恐ろしいことに、実際に映像には出ていないのに、

「頭部」を見た!という錯覚を起こした人もいたようです。

最後は、以前に観た時と同じように、

「あ~あ・・・」

という、後味悪~い思いに・・・

で、今回、観た後にいろいろ検索していると、

新たな発見が!

なんと、真犯人はベテラン刑事ではないかという。

これは、おもしろいと思いました。

映画の流れでは、いかにも私が「犯人」ですって感じで登場します。

(これも本来ならでてくるまでは俳優がわからないというサプライズ設定)

そして、誰しもがその人が犯人だと思って観るでしょう。

ところがところが、疑いを持って観ると、ベテラン刑事が真犯人に

思えてしまうような場面がいくつも・・・

7つの大罪ではなく、深く深く読み解くとそれは9つの罪だったと。

そして、ベテラン刑事までもその罪の一つだとか・・・

これは想像の域を越えません。

私は原作も読んでませんしw

浅い、読み解きは置いといて、

普通に最後までハラハラドキドキの作品です。

まだ、観たことがない方はぜひご覧になってください!

後味悪いですから・・・

セブン (字幕版)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告